お彼岸はいつからいつまで?お参りは?おはぎとぼたもち、どっち?

「暑さ、寒さも彼岸まで」と言われていますが、
お彼岸を境に、過ごしやすい天気になっていきますね。

「彼岸」とは、もともと仏教の用語で
「修行を積むことで悟りを開いた境地に到達する」
ことを意味しますが、

いま、わたしたちの生活の中で使われている
「お彼岸」は、「先祖供養」の意味で用いられています。

だからお彼岸には、お墓参りにいく人も多いですね。

2015年のお彼岸はいつからいつまでか、
お彼岸のお参りはいつするのか
おはぎとぼたもちの違いについて調べてみました!

<スポンサードリンク>

お彼岸はいつからいつまで?

お彼岸は「春分の日」「秋分の日」を真ん中(中日)として
前後3日間になります。

2015年の春分の日は3月21日(土)ですので、
その3日前が彼岸の入り、3日後が彼岸明けとなります。

<2015年(平成27年)春のお彼岸>
・彼岸入り  3月18日(水)
・中日    3月21日(土)
・彼岸明け  3月24日(火)

<2015年(平成27年)秋のお彼岸>
・彼岸入り  9月20日(日)
・中日    9月23日(水)
・彼岸明け  9月26日(土)

(2016年春のお彼岸)
・彼岸入り  3月17日(木)
・中日    3月20日(日)
・彼岸明け  3月23日(水)

(2016年秋のお彼岸)
・彼岸入り  9月19日(月)
・中日    9月22日(木)
・彼岸明け  9月25日(日)

お彼岸のお参りはどうする

お彼岸のお墓参りは、何日目に行かないといけないという
決まりは特にありません。

秋分の日、春分の日、お彼岸の土日は
霊園が混雑している可能性があるので
交通機関や道路事情、近隣の駐車場などを調べていくといいですね。

☆持って行くものリスト

・お供えの花
・お線香とロウソク
・ひしゃくと桶(霊園で借りれる場合もあります)
・故人の好きだったお菓子やお酒などのお供えもの
・掃除道具(ほうき、ちりとり、スポンジ 、タオル。
歯ブラシなどもあると細かいところも掃除できて便利です。
<スポンサードリンク>

お線香、ろうそく、ライター、お墓クリーンブラシ
お墓ふきクロスの5つがセットになった
便利な「お墓参り5点セット」を見つけました。
12時までに注文すると即日発送です(定休日は除く)。
>>お墓参り5点セット>>

お参りが終わったら、食べ物やお酒などは持って帰りましょう。

☆お参りの仕方

1)お墓に手を合わせる
2)お墓の周りの雑草を抜き、スポンジやタオルで墓石の汚れをふく
3)墓石に水をかけて清め、お花やお菓子などをお供えする
4)お墓に手を合わせ、感謝を伝える
5)お供えした食べ物や飲み物は持ち帰る。

お彼岸のお供え物は「おはぎ」?「ぼたもち」?

お彼岸といえば、おはぎだっけ、ぼたもちだっけ?
なんて疑問に思ったりするときありませんか?

でも、この「おはぎ」「ぼたもち」
実は特に大きな違いがあるわけではないそうで、
地域やお店、風習などによって諸説あるようです。

①春と秋の違い
春に咲く花のボタンに似ているため「ぼたん餅」が由来となり、
春分の日の時期は「ぼたもち」とよび

秋のお彼岸は、秋の七草の「萩」の花が
小豆の粒に似ているから「おはぎ」とよぶようになったと
いわれています。

②もち米か、うるち米かの違い
もち米を主とするものが「ぼたもち」、
うるち米を主とするものが「おはぎ」という説もあります。

「棚からぼたもち」ということわざがありますが
ことわざには「ぼたもち」を使ったものがいくつかあります。
でも、「おはぎ」のことわざは聞いたことがないですね。
「ぼたもち」のほうが、古くから日本人の生活に密着していたのかもしれません。

<スポンサードリンク>