日焼け止めSPFは高い方がいい?効果的な塗り方とクレンジングは?

温かい日差しが心地よい季節になってくると、
気になるが「紫外線」

短い通勤時間でも、油断大敵!
ランチタイムや、取引先への外出など
昼間に外に出る機会も意外とあったりするし、
外に出なくても、窓から紫外線が差し込んでくる
ということもあるんです!

紫外線は肌の老化にもつながるので、
いつまでも美しい肌を保っていくために
紫外線対策をしっかりしておきたいですね。

<スポンサードリンク>

①日焼け止めのSPFは高い方が効果があるの?

日焼止めクリームに表示されているSPF。

SPFはsun protection factorサン プロテクション ファクターの略で、
紫外線の中のUVBの防止効果を数値であらわしたもの。

UVBは、肌に炎症を起こしたり、
色素沈着を起こす原因になり、
くり返し浴びると肌の老化や皮膚がんを
誘発する可能性もあるのだそうです。

SPF1は、何もつけない状態よりも、
日焼けの症状がでてくるまで20分遅くなります。

SPF10の場合は、20分✖10=200分(約3時間)
SPF20の場合は、20分✖20=400分(約6~7時間)
SPF30の場合は、20分✖30=600分(約10時間)
というようになりますね。

SPFが高くなると、日焼け止めの効果が
それだけ長く続くんですね。

会社へ行くとき、会社にいるときなどの対策だったら、
SPF20くらいでもよいかと思います。

最近は、ドラッグストアの日焼け止めコーナーを見ると
SPF50のものが多くあります。
肌への負担も考えながら、改良された製品もたくさんあるので
SPF20〜50で、匂いやテクスチャーなど
自分の肌に合うものをつけるといいですね。

②日焼け止めの効果的な塗り方は?

いまは化粧下地やファンデーションも
SPF20や30、中にはSPF50などもありますね。

「日焼止めと、下地、ファンデを重ねて塗ると、
その分、SPFが高くなるのかしら?」

そんな疑問を持った人もいるかもしれません。

東京都健康安全研究センターによると、

<スポンサードリンク>

それぞれのSPF数値の単純な足し算にはならないけれど、
単品で使うよりも、日焼止め、下地、ファンデーションを
重ねて使ったほうが、紫外線防止効果は高くなるそうです。

☆塗り方のポイント①
日焼け止め→化粧下地→ファンデーションの順番で。
下地は、肌の表面の凸凹を整えて滑らかにし、
ファンデーションのノリのよくしてくれます。

☆塗り方のポイント②
一度にたくさん塗ろうとするとムラになりがちなので
少ない量をとって、何回かに分けて塗っていくのがおすすめです。

☆塗り方のポイント③
鼻やほほの高い部分は日焼けをしやすいので
重ね塗りしておくと安心です。
Tゾーンは汗で落ちやすいので、
休憩時間にファンデーションをさっとつけなおすといいですね。

日焼け止め、下地、ファンデーション、保湿などが1つになった
ツヤ肌ファンデーションもあります。

時短メイクが簡単にできるので、人気がありますよ!
 ↓  ↓

※塗り忘れ注意

顔はばっちり!と思っても、意外と忘れがちなのが
首や耳。髪の短い人は特に、日焼止めを塗るのを忘れないでくださいね。
そして、腕や手、足の甲も忘れがち。
(私もよく忘れて、足の甲にサンダルの跡が
ついてしまったことがあります(><)

③日焼止めのクレンジングは専用のものがいいの?

通常は、化粧を落とすときと同じ
普通のクレンジングを使るだけで大丈夫。

日焼止め専用クレンジングも販売されていますが
それはウォータープルーフの日焼け止めを
使ったときに使用するといいそうです。

最後に

シミやしわのない美しい肌を保つためにも
紫外線対策はしっかりしておきたいですね。

より、日焼け止め効果を高めたいなら、
日焼止めを塗るだけでなく、
日傘や帽子なども使うといいですよ。

<スポンサードリンク>