香典の相場友人の親の場合はいくら?香典の書き方・お金の入れ方は?

友達の親が亡くなったときに、お通夜やお葬式に参列したり、後日に香典だけ渡すというケースがあります。
いくらをどのように包めば良いのか、下記を参考にしてみてください。

<スポンサードリンク>

香典の相場、友人の親の場合はいくら?

友達の親が亡くなられた場合の香典相場は、5000円が一般的です。

葬儀を行う側は、香典返しとして2〜3000円程度のものを準備していますので、香典はそれより多くないとかえって失礼にあたります。

特に仲が良い、ご縁の深い友達であれば香典として1万円を渡すこともあります。

友達といっても、関係の深さはそれぞれ違うと思うので、5000円か1万円か、相手との関係によって決めるといいでしょう。

ちなみに、4と9は死・苦を連想させるのでお悔やみごとでは避けるようにします。

香典袋の書き方は?

まず、香典袋は、表書きに「御霊前」と書かれているものを選びます。「御霊前」は、お通夜でも葬儀でも使えます。「御仏前」という香典袋も売っていますが、それは四十九日の法要以後に使うものとされています。

ただし、「浄土真宗」の場合は、死後すぐに成仏するという考えから、通夜や葬儀のときにも「御仏前」を使います。

①表に名前を書く
表面の中央にフルネームを書きます。このとき、弔事は悲しみの涙で墨も薄まるという気持ちから「薄墨」の筆ペンで書くという習わしがありますが、最近は普通のペンで書く人も多いです。

この機会に大人のマナーとして薄墨の筆ペンを1本持っておくのもいいですね。
おつきあいの多い方や、仕事関係でも今後使いそうだという方は、スタンプを購入するのも一案です。
一発KO!ぼく、書道100段。キャップレスだから蓋いらず!1秒で美文字完成!しかも、失敗ゼロ宣言…

030264

②中袋に金額、名前、住所を書く
香典袋には、封筒の形をした「中袋」が入っていますので、この裏面に、住所・氏名・金額を書いておきます。

後日、遺族の方が、これを見てお香典返しを送られますので、丁寧な文字で、正確に書いておきましょう(郵便番号やアパート・マンション名なども忘れずに)。

③金額の書き方
金額は普通の数字、漢数字で書いても問題ないですが、下記のような書き方も覚えておくといいでしょう。

1=壱
2=弐
3=参
5=五または伍
7=七
8=八
10=十または拾

千または阡
万または萬
円または圓

例えば、5000円の場合は、
「5000円」「五千円」「五千圓」「五阡円」「伍阡円」「伍阡圓」のようになります。

<スポンサードリンク>

香典袋へのお金の入れ方は?

香典袋の中袋にお金を入れます。このとき「新札」は避けるようにしましょう。「新札」を準備して亡くなるのを待っていた、という意味になってしまうため、少し折り目のついた物を包むのがマナーです。破れたり、古く汚れているようなお札も失礼なので避けるようにしましょう。

複数枚のお札を入れるときは、向きをそろえます。
中袋に入れるときの向きは気にしなくても良いとう考え方もあります。よく言われているのは、お札の顔のある方が見えないよう、お札の裏面(人物のない側)が表にくるようにいれるという説が一般的です。

<スポンサードリンク>