手紙の書き出し例文、季節の挨拶10月お礼状や案内状に役立つ

手紙や案内状、お礼状を出すときには、書き出しに季節感のある言葉を入れるだけで、文章がぐんとセンスアップしますよ。

10月の季節の挨拶の例文を集めてみました。

<スポンサードリンク>

手紙の書き出し例文10月 ビジネス用

ビジネス用など改まった手紙では、
「拝啓」で始め、「敬具」で終わるのが一般的。

そして、「拝啓」の次に
「時候の挨拶」と「安否の挨拶」を書き、
本文へとつなげていきます。

・初秋の候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。
・秋冷の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
・仲秋の候、皆様ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

時候の挨拶(○○の候)
錦秋、朝寒、夜長、秋雨、秋麗、清秋、爽秋、秋霜

手紙の書き出し例文 ていねいな挨拶

お礼状など、あまり堅苦しくない程度に、
ていねいな書き方をしたい場合に使える例文です。
ビジネスの場でも使えます。

【10月上旬】
・すがすがしい秋晴れの続く毎日、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
・日に日に秋も深まってまいりましたが、皆様お元気にお過ごしでしょうか?
・秋の長雨が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか?
・秋めいた心地よい風の吹きわたる好日が続いております。
・10月の声を聞き、ようやく秋めいてまいりました。
・灯火親しむ秋の夜長、いかがお過ごしですか?
・暦の上では寒露※となりましたが、お元気でいらっしゃいますか?
(※寒露(かんろ)=10月8日ころを指す)

【10月中旬】
・実り豊かな秋となり、なおいっそうご活躍のことと存じます。
・秋たけなわの候、ますますご壮健のことと存じます。
・秋の味覚を心ゆくまで楽しみたい季節となりました。
・虫の音に秋の深まりを感じる今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか?
・そこはかとなく木犀の香りがただよいくる季節となりました。
・菊花香るこのごろ、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
・はや10月も半ばとなり、しみじみと秋を感じる今日このごろ、いかがお過ごしですか?

【10月下旬】
・美しく色づき始めた紅葉に、秋の深まりを感じるこのごろ、いかがお過ごしでしょうか?
・すすきの穂が白く輝き、秋の風情を感じるころごろ、お元気でご活躍のことと存じます。
・いつしか秋も深まり、けやき並木も色づき始めました。
・秋の長雨もようやく終わり、澄み切った青空が心地よい季節となりました。
・暦の上でははや霜降※となり、朝夕はめっきり肌寒さを感じるようになりました。
(※霜降(そうこう)=10月23日頃を指す)

<スポンサードリンク>

手紙の結びの言葉10月

結びの言葉にも、季節を表す言葉を入れるとよりいいですね。

・寒露の折から、くれぐれもご無理をなさいませんようご自愛ください。
・澄み切った青空とともに、幸多き日々を過ごされますようお祈りいたします。
・食欲の秋、何でもおいしい季節ですが、食べ過ぎには気をつけてください。
・実り多き秋になりますよう、ますますのご活躍をお祈りしております。
・秋の深まりとともに、寒さも増してまいります。くれぐれもおからだにはご留意なさってください。

お礼状の書き方、例文10月

お礼状は「前文」+「主文」+「末文」の構成で考えるとわかりやすいです。

(前文)
拝啓、涼やかな秋空の下、皆様におかれましてはお健やかにお過ごしのことと存じます。
おかげさまで私ども家族も大過なく暮らしております。

(主文)
さて、このたびはご丁寧にお祝いの品をお送りいただき、まことにありがとうごうざいました。
さっそく家族で賞味させていただき、あまりの美味しさに一同心から喜んでおります。
いつも何かとお心配りをいただき、大変感謝しております。

(末文)
朝夕には少し肌寒さを感じる季節となりました。どうかお体を大切にお過ごしください。
ご家族皆様が幸多き日々を迎えられますようお祈りいたします。
まずは、とりいそぎお礼まで
          敬具
         10月○○日

<スポンサードリンク>