手紙の書き出し例文、季節の挨拶9月お礼状や案内状に役立つ

手紙や案内状、お礼状を出すときには、書き出しに季節感のある言葉を入れるだけで、文章がぐんとセンスアップしますよ。

9月の季節の挨拶の例文を集めてみました。

<スポンサードリンク>

手紙の書き出し例文9月 ビジネス用

ビジネス用など改まった手紙では、
「拝啓」で始め、「敬具」で終わるのが一般的。

そして、「拝啓」の次に
「時候の挨拶」と「安否の挨拶」を書き、
本文へとつなげていきます。

・初秋の候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。
・新涼の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
・秋涼の候、皆様ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

時候の挨拶(○○の候)
新秋・爽秋・早秋・孟秋・秋冷・涼風・白露・秋晴・仲秋・秋分・野分

手紙の書き出し例文 ていねいな挨拶

お礼状など、あまり堅苦しくない程度に、
ていねいな書き方をしたい場合に使える例文です。
ビジネスの場でも使えます。

【9月上旬】
・新秋の涼が心地よい今日この頃、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
・すがすがしい秋風の吹く頃となりましたが、皆様お元気にお過ごしでしょうか?
・9月とはいえ厳しい残暑が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか?
・残暑の中にも、ほのかな秋の気配が感じられる季節となりました。皆様におかれましてはますますご壮健にてお過ごしのことと存じます。
・二百十日を過ぎ、ようやく涼やかな秋風を感じられるようになってまいりました。
・野分け立つ日※、秋の訪れを感じております。
(※野分け=9月上旬に吹く強い風)

【9月中旬】
・爽涼の秋となり、朝夕はめっきりとしのぎやすくなってまいりました。
・野に咲いた秋の七草が風にゆれる季節となりましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?
・庭先で虫の音が深まる秋を奏で始めた今日このごろ、ますますご壮健のことと存じます。
・夜ごと虫の音もしげく、秋の深まりを感じております。
・空もようやく秋色を帯びてまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
・9月も半ばを過ぎて、ようやく秋めいてまいりました。

【9月下旬】
・暑さ寒さも彼岸までと申しますとおり、ようやく心地よい秋風が吹いてくるようになりました。
・お彼岸も過ぎ、秋風すずしく過ごしやすくなってまいりました。
・暦の上では秋分も過ぎ、心なしか日の入りも早まったように感じます。
・10月も近づき、秋の気配がいっそう濃くなってまいりました。
・稲穂もしだいにこうべをたれ、実りの秋もいよいよでございます。
・群れ咲いたコスモスが風に揺れる美しい季節となりました。

<スポンサードリンク>

手紙の結びの言葉9月

結びの言葉にも、季節を表す言葉を入れるとよりいいですね。

・夏の疲れが出やすい季節です。くれぐれもご無理をなさいませんようご自愛ください。
・季節の変わり目です。どうかお元気でお過ごしください。
・秋の涼風とともに、幸多き日々を迎えられますようお祈りいたします。
・秋雨の季節、体調をくずされませんようご用心ください。
・吹く風も心地よい好季節、ますますのご発展をお祈りしております。

お礼状の書き方、例文9月

お礼状は「前文」+「主文」+「末文」の構成で考えるとわかりやすいです。

(前文)
拝啓、秋風さわやかな好季節となり、皆様におかれましてはお健やかにお過ごしのことと存じます。
おかげさまで私ども家族も大過なく暮らしております。

(主文)
さて、このたびはご丁寧にお祝いの品をお送りいただき、まことにありがとうごうざいました。
さっそく家族で賞味させていただき、あまりの美味しさに一同心から喜んでおります。
いつも何かとお心配りをいただき、大変感謝しております。

(末文)
夏の疲れが出やすい季節です。どうかお体を大切にお過ごしください。
ご家族皆様が幸多き日々を迎えられますようお祈りいたします。
まずは、とりいそぎお礼まで
          敬具
        9月○○日

<スポンサードリンク>