米寿は何歳?還暦・喜寿・卒寿など長寿祝の名称と由来

「今年は祖母の米寿のお祝いをしなくちゃ、と夫から言われたけれど、米寿って何歳だったかわからずとまどったわ」

そんな話をママ友から聞きました。
知ってそうで知らない言葉って意外と多いですね。
日本の文化や風習などを子どもにもきちんと伝えていけるように、覚えておきたいところです。
還暦や米寿、喜寿などの「長寿祝の名称と由来」を確認してみましょう。

<スポンサードリンク>

長寿祝の名称と由来は?

年齢は数え年になります。数え年とは生まれた年を一歳とし、新年のたびに一歳を加えて数える年齢のこと。満年齢に1歳プラスすると覚えておきましょう。

■還暦(かんれき)=61歳
61歳で生まれた年と同じ干支に還る(かえる)ことから、「元の暦に還る」=「還暦」と呼びます。
(干支には「子・丑・寅・卯・・・」の十二支と「甲・乙・丙・丁・・・」の十干(じっかん)があり、この組み合わせが60種類あります)

■緑寿(ろくじゅ)=66歳
平成14年に日本百貨店協会が新しく提唱したもの。66を「緑(ろく)緑(ろく)」にかけています。

■古希(こき)=70歳
中国の杜甫の詩「人生七十古来稀也=70歳まで生きることが古来から稀なこと」という一節からついた名称。

■喜寿(きじゅ)=77歳
「喜」の字を草書体で書くと「七十七」と読めることから。

■傘寿(さんじゅ)=80歳
「傘」の略字が「八十」に見えることから。

<スポンサードリンク>

■米寿(べいじゅ)=88歳
「米」の字を分解すると、八十八に見えることから。

■卒寿(そつじゅ)=90歳
「卒」の略字が「九十」に見えることから。

■白寿(はくじゅ)=99歳
「百」から「一」を引くと「白」の字になることから

■百寿(ひゃくじゅ)=100歳
百は区切りのよい数であるため「百賀の祝い」ともいう。
60歳が下寿、80歳が中寿、100歳が上寿。

<スポンサードリンク>