暦月の別名は?陰暦名称・異称は?読み方や意味は?

1月、2月という一般的な呼び方だけでなく、陰暦の名称もときどき見かけることがあります。
俳句や昔の書物などで出てくるだけでなく、少し丁寧な改まったお手紙などに、さりげなくそういう言葉が入っていると、教養・知性を感じさせていいですよね。

陰暦での名称や読み方、意味などをご紹介します。

<スポンサードリンク>

暦月の別名は?陰暦名称・異称は?読み方や意味は?

■1月=睦月(むつき)
(意味)
「睦」は「親睦」という言葉もあるように、「仲良くする」という意味。
1月は親類などが行き来して、仲睦まじくする月なので、睦月とする説があります。
(異称)
年端月(としはづき)・初春月(はつはるつき)・初空月(はつそらつき)・太郎月(たろうづき)

■2月=如月(きさらぎ)
(意味)
寒さで衣を更に重ね着する「衣更着」が語源とされています。
(異称)
梅見月(うめみづき)・仲春(ちゅうしゅん)・初花月(はつはなつき)・雪消月(ゆきげづき)

■3月=弥生(やよい)
(意味)
「弥(いや)」は「いよいよ」「ますます」という意味。3月は草木が「いよいよ生い茂る」時期なので「弥生(いやおひ)」から転じたとされています。
(異称)
花見月(はなみづき)・桜月(さくらづき)・春惜月(はるおしみづき)・夢見月(ゆめみづき)

■4月=卯月(うづき)
(意味)
卯の花(ウツギの白い花)が咲く季節の意味。また、稲を植える「植月」の略という説もあります。
(異称)
卯の花月(うのはなづき)・花残月(はなのこりづき)・夏初月(なつはづき)

■5月=皐月(さつき)
(意味)
田植えが始まる時期なので「早苗月(さなえづき)」を略して「さつき」になったという説があります。
(異称)
早苗月(さなえづき)・橘月(たちばなづき)・五月雨月(さみだれづき)・月見ず月(つきみずつき)

■6月=水無月(みなづき)
(意味)
陰暦の6月は、梅雨が明けて水が涸れる時期だからという説があります。
一方、「無」は「の」を意味する格助詞「な」を漢字に置き換えたもので、水の月という意味で、田に水を引く月だからという説もあります。
(異称)
風待月(かぜまちづき)・常夏月(とこなつづき)・鳴雷月(なるかみづき)

<スポンサードリンク>

■7月=文月(ふみづき)
(意味)
七夕のときに短冊に歌や字を書くことから「文拡(ふみひろげ)月)」と呼ばれるようになり、その略であるという説があります。
その他、稲穂のふくらみを見る月なので「穂見月(ほみづき)」から転じたとする説もあります。
(異称)
七夕月(たなばたづき)・女郎花月(おみなえしづき)・秋初月(あきはづき)・涼月(りょうげつ)

■8月=葉月(はづき)
(意味)
旧暦だと木の葉が紅葉し、落ち葉となる季節なので「葉落ち月」から転じたと言われています。
その他、稲穂が張る月「穂張り月」「張り月」が語源とする説もあります。
(異称)
月見月(つきみづき)・秋風月(あきかぜづき)・木染月(こそめづき)・桂月(けいげつ)

■9月=長月(ながづき)
(意味)
夜が長くなってくる時期なので「夜長月」を略したという説があります。
その他、雨が多く降る月なので「長雨月(ながめつき)」から転じたという説もあります。
(異称)
菊月(きくづき)・色どり月(いろどりづき)・紅葉月(もみじづき)・稲刈月(いなかりづき)

■10月=神無月(かんなづき)
(意味)
諸国の神々が出雲に集まって、諸国に神がいなくなるからとされています。
逆に出雲は「神有月・神在月(かみありづき)」と呼びます。
その他に、「無」は「の」を意味する格助詞「な」のことで、神を祭る「神の月」という説もあります。
(異称)
神去月(かみさりづき)・時雨月(しぐれづき)・初霜月(はつしもづき)

■11月=霜月(しもつき)
(意味)
「霜降り月」を略したとする説が一般的です。
(異称)
雪待月(ゆきまちづき)・雪見月(ゆきみづき)・神楽月(かぐらづき)・神帰月(かみきづき)

■12月=師走(しわす)
(意味)
僧(師)が忙しく走りまわることからついたとされています。
(異称)
極月(ごくづき)・春待月(はるまちづき)・暮古月(くれこづき)・臘月(ろうげつ)

暦のおしえ 季節と寄り添い、幸運を導く / 三須啓仙 【単行本】

<スポンサードリンク>