中秋の名月とは?2015年はいつ?祝い方は秋の七草?

「中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」というと、満月にススキとお団子をお供えするような、そんなイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?

中秋の名月とはどんな意味があるのか?お祝いの仕方は?などをご案内します。

<スポンサードリンク>

中秋の名月とは?

中秋とは秋の真ん中。旧暦では「7月・8月・9月」が秋になるため、8月が中秋となります。

名月は満月のこと。

旧暦の8月15日の月を「中秋の名月」と呼び、澄み切った秋の空に浮かぶこの月は1年で最も美しいと言われています。
「十五夜」や「お月見」とも呼ばれています。

中秋の名月を観賞する風習は中国から伝わったもので、日本では奈良・平安時代の宮中で「月見の宴」が行われていました。

庶民の間では、秋の収穫物をお月様に供えて、五穀豊穣(ごこくほうじょう=豊作)に感謝する十五夜祭りが定着していきました。

2015年の中秋の名月はいつ?

旧暦の8月15日は、現在の暦に直すと毎年日にちが異なります。

今年(2015年)の中秋の名月は、9月27日(日)です。
必ずしも満月の日と一致するわけではないようで、2015年は満月の1日前が中秋の名月となります。

(過去の中秋の名月)
2014年:9月8日
2013年:9月19日
2012年:9月30日
2011年:9月12日
2010年:9月22日

<スポンサードリンク>

中秋の名月の祝い方は?秋の七草とは?

中秋の名月にお供えするものは、ススキをはじめとする秋の七草や、月見団子、芋、豆、栗、柿など秋の収穫物になります。
お団子の数は地域によって様々。十五夜だから15個のところもあれば、1年の月の数12個などもあります。

<秋の七草>
・萩(はぎ)
・尾花(おばな)
・葛(くず)
・撫子(なでしこ)
・女郎花(おみなえし)
・藤袴(ふじばかま)
・朝顔(あさがお)⇒桔梗(ききょう)
nanakusa01
(出典:http://www.asahi-net.or.jp/

<スポンサードリンク>