手紙の書き出し例文、季節の挨拶8月お礼状や案内状に役立つ

8月はお中元などのお礼や残暑見舞い、お盆などの挨拶などのメッセージを送り機会も多いですね。
書き出しに季節感のある言葉を入れるだけで、文章がぐんとセンスアップしますよ。

8月の季節の挨拶の例文を集めてみました。

<スポンサードリンク>

手紙の書き出し例文8月 ビジネス用

ビジネス用など改まった手紙では、
「拝啓」で始め、「敬具」で終わるのが一般的。

そして、「拝啓」の次に
「時候の挨拶」と「安否の挨拶」を書き、
本文へとつなげていきます。

・残暑の候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。
・晩夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
・残夏の候、皆様ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

時候の挨拶(○○の候)
残炎、残暑、季夏、新涼、納涼、避暑、暮夏、秋暑、立秋、向秋

手紙の書き出し例文 ていねいな挨拶

お礼状など、あまり堅苦しくない程度に、
ていねいな書き方をしたい場合に使える例文です。
ビジネスの場でも使えます。

【8月上旬】
・残暑厳しき折、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
・8月に入り、日差しもひときわ強く照りつけるこのごろ、皆様お元気にお過ごしでしょうか?
・蝉時雨の降りそそぐ夏の盛りとなりましたが、ますますご壮健にてお過ごしのことと存じます。
・立秋※とは名ばかりの猛暑が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか?
・眠れぬ熱帯夜が続いていますが、お元気でいらっしゃいますか?
・厳しい炎暑の日々ですが、いかがお過ごしでしょうか?
(※立秋は8月8日)

【8月中旬】
・湧き立つ入道雲に夕立を待ちわびるこのごろ、皆様にはますますご活躍のことと存じます。
・夏も盛りを過ぎたとはいえ、残暑なお厳しいこのごろ、皆様お元気でお過ごしでしょうか?
・暑さもようやく峠を越えたようですが、お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか?
・晩夏とはいえ、まだ厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしですか?
・今年も京都の大文字の送り火※が、夏の終わりを思わせる頃となりました。
(※大文字の送り火は8月16日)

【8月下旬】
・暦の上では処暑※を迎えたとはいえ、なお夏の名残りの暑さを感じるこのごろ、いかがお過ごしですか?
・厳しかった残暑もようやく落ち着いてきたようです。
・厳しかった夏の日差しもようやくやわらいできたようです。
・夕暮れ時の涼やかな風に秋の気配を感じるころごろ、皆様におかれましてはますますご健勝のことと存じます。
・ひぐらしや鈴虫の声をしばしば耳にする季節となりました。
(※処暑は8月23日ごろ)

<スポンサードリンク>

手紙の結びの言葉8月

結びの言葉にも、季節を表す言葉を入れるとよりいいですね。

・残暑厳しき折、くれぐれもご無理をなさいませんようご自愛ください。
・連日の残暑でお疲れをだされませんよう、どうかお元気でお過ごしください。
・残り少ない夏休みに楽しい思い出をたくさん作れますよう心ゆくまで楽しんでください。
・去りゆく夏を惜しみつつ、有意義な日々をお過ごしください。
・立秋を過ぎたとはいえ、まだ暑い日が続くようです。ご家族皆様のご健康をお祈りいたします。
・実り多き秋を迎えられますよう、ますますのご発展をお祈りしております。

お礼状の書き方、例文8月

お礼状は「前文」+「主文」+「末文」の構成で考えるとわかりやすいです。

(前文)
拝啓、立秋とは名ばかりの猛暑が続いておりますが、皆様におかれましてはお健やかにお過ごしのことと存じます。
おかげさまで私ども家族も大過なく暮らしております。

(主文)
さて、このたびはご丁寧にお祝いの品をお送りいただき、まことにありがとうごうざいました。
さっそく家族で賞味させていただき、あまりの美味しさに一同心から喜んでおります。
いつも何かとお心配りをいただき、大変感謝しております。

(末文)
例年以上に厳しい暑さが続いております。
熱中症なども心配されますので、どうかお体を大切にお過ごしください。
まずは、とりいそぎお礼まで
          敬具
        8月○○日

<スポンサードリンク>