手紙の書き出し例文、季節の挨拶7月お礼状や案内状に役立つ

7月はお中元や暑中お見舞いなど、贈り物の添え書きをしたり、お礼のメールなどを送る機会も多いですね。
書き出しに季節感のある言葉を入れるだけで、文章がぐんとセンスアップしますよ。

7月の季節の挨拶の例文を集めてみました。

<スポンサードリンク>

手紙の書き出し例文7月 ビジネス用

ビジネス用など改まった手紙では、
「拝啓」で始め、「敬具」で終わるのが一般的。

そして、「拝啓」の次に
「時候の挨拶」と「安否の挨拶」を書き、
本文へとつなげていきます。

・盛夏の候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。
・大暑の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
・灼熱の候、皆様ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

時候の挨拶(○○の候)
向暑、仲夏、猛暑、炎暑、酷暑、炎熱、厳暑

手紙の書き出し例文 ていねいな挨拶

お礼状など、あまり堅苦しくない程度に、
ていねいな書き方をしたい場合に使える例文です。
ビジネスの場でも使えます。

【7月上旬】
・長引く梅雨に、さわやかな夏空が待ち遠しい今日このごろ、皆様におかれましてはますますご活躍のことと存じます。
・雨雲におおわれた空を仰ぎながら、梅雨明けの知らせを待ちわびる昨今、皆様お元気にお過ごしでしょうか?
・長かった梅雨も明け、いよいよ夏本番となりました。皆様にはますますご健勝のほどお喜び申し上げます。
・梅雨が明けたとたん、日差しも強くなって参りました。体調など崩されてはいらっしゃいませんか?
・夏空がひときわまぶしく感じられる季節となりました。皆様におかれましてはお元気でご活躍のことと存じます。
・七夕の短冊に願い事をしたのがなつかしい季節となりました。

【7月中旬】
・盛夏のみぎり、皆様にはますますご活躍のことと存じます。
・夏の日盛りに木陰の恋しい季節となりました。
・暑さ厳しき折ではございますが、お変わりなくお過ごしでしょうか?
・真夏の太陽が容赦なく照りつける今日このごろ、お元気でお過ごしですか?
・あぶらぜみの声がいっそうにぎわしい頃となりました。
・風鈴の音に、ひとときの涼を楽しんでいるこのごろです。
・今年は冷夏とのことで例年になく過ごしやすい日が続いております。

【7月下旬】
・酷暑のみぎり、ますますご清栄のことと存じます。
・炎暑続きの日々に、涼風の恋しい今日このごろ、ご健勝にてお過ごしですか?
・連日息もつけぬ厳しい暑さが続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか?
・夏祭りのにぎわうこのごろ、皆様にはますますご健勝のことと存じます。
・はや大暑を迎え、暑さもいっそう厳しくなってまいりました。

<スポンサードリンク>

手紙の結びの言葉7月

結びの言葉にも、季節を表す言葉を入れるとよりいいですね。

・盛夏のみぎり、ますますのご発展をお祈りしております。
・これからが夏本番、どうぞ元気で楽しい夏休みをお過ごしください。
・どうか夏ばてなどなさりませんよう、くれぐれもお体にはお気をつけください。
・この季節は体力が勝負です。快眠快食を心がけてまいりましょう。
・暑さ厳しき折、皆様のご健康をお祈りいたします。
・夏風邪などお召しになられませんよう、どうかお元気でお過ごしください。

お礼状の書き方、例文7月

お礼状は「前文」+「主文」+「末文」の構成で考えるとわかりやすいです。

(前文)
拝啓、雨後の緑がひときわ濃くなったとかんじられる今日このごろ、お健やかにお過ごしのことと存じます。
おかげさまで私ども家族も大過なく暮らしております。

(主文)
さて、このたびはご丁寧にお祝いの品をお送りいただき、まことにありがとうごうざいました。
さっそく家族で賞味させていただき、あまりの美味しさに一同心から喜んでおります。
いつも何かとお心配りをいただき、大変感謝しております。

(末文)
夏休みにはぜひご家族で当地へ遊びにお出かけください。
これからが夏本番。夏ばてなどなさいませんようくれぐれもご自愛ください。
まずは、とりいそぎお礼まで
          敬具
        7月○○日

<スポンサードリンク>