入学祝いお返しは必要?相場は?のしはつけるの?

子どもが小学校へ入学して、祖父母や親せきからお祝いをもらったけれど
お返しはした方がいいの?

初めての子どもの場合は、いろいろわからないことが多かったりしますね。
特に義理の両親や祖父母などには
礼儀のない人と思われたくないですし、
一般的なお返しのマナーを知っておくと安心ですね。

<スポンサードリンク>

①入学祝いのお返しは必要?

入学祝いは子どもへの贈り物。
子どもは収入もないので、本来お返しは不要といわれています。
子どもから電話で「ありがとう」と感謝を伝えたり、
写真にメッセージを添えて送るのもいいですね。

特に、相手にお子さんがいるようでしたら
お祝いを送るのはお互い様なので、
お返しはしない人も多いようです。

でも、義理の両親や子どものいない方にはお返ししたいなど、
できればお返しをと考えているかたは
下記の相場や人気の品を参考にしてみてください。

②入学祝いのお返し、相場はいくら?

お返しの相場は、いただいた金額の半分が目安ですが、
3割くらいという人もいますし、半分より多く返すという方もいます。

相手との関係や、いただいた物に応じて、
3割~6割くらいで考えるとよいかと思います。

内祝で送られるものとして人気があるのは
3000円〜5000円の次のようなものです。

  • クッキーやバームクーヘンなどの焼き菓子
【パティスリーキハチ】焼き菓子詰め合わせ

  • ドレッシングや調味料のセット
【飛騨高山ファクトリー】味道楽

<スポンサードリンク>
  • 洗剤
【フロッシュ】ドイツ生まれの環境にやさしい洗剤

  • タオル
【今治タオル】極上タオル木箱入り

  • 商品券やビール券など
【楽天ポイントでも買える!】VISA、JCBギフト券

もし、何がいいか迷ったときは、相手に好きなものを選んでもらえる
カタログギフトにしてみるのも1つの方法ですね。
カタログギフト【レビューでさらに15%割引】

③入学祝いのお返し、のしはつける?

お返しには、子供の名前で「のし」をつけます。
紅白の蝶結びのもので、
表書きは上段が「内祝」、下段が「子どもの名前」にします。

(例)
nosi

<スポンサードリンク>