手紙の書き出し例文、季節の挨拶6月お礼状や案内状に役立つ

お礼や案内のメールや、少し改まった手紙やメールを書くとき、書き出しが思い浮かばないで書く手が進まなくなることもあったりしますね。

そこで、6月の季節の挨拶の例文を集めてみました。

<スポンサードリンク>

手紙の書き出し例文6月 ビジネス用

ビジネス用など改まった手紙では、
「拝啓」で始め、「敬具」で終わるのが一般的。

そして、「拝啓」の次に
「時候の挨拶」と「安否の挨拶」を書き、
本文へとつなげていきます。

・新緑の候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。
・梅雨の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
・初夏の候、皆様ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

時候の挨拶(○○の候)
長雨、短夜、向夏、向暑、麦秋、入梅、小夏、立夏、青葉、新緑、薄夏

手紙の書き出し例文 ていねいな挨拶

お礼状など、あまり堅苦しくない程度に、
ていねいな書き方をしたい場合に使える例文です。
ビジネスの場でも使えます。

【6月上旬】
・梅雨がもうそこまでやってきておりますが、いかがお過ごしですか?
・初夏のやわらかな日ざしが若葉に降り注ぐ頃となり、ますますご活躍のことと存じます。
・衣替えの季節となりましたが、つつがなくお過ごしのことと存じます。
・くちなしの甘い香りがただよう季節となりましたが、お元気でご活躍のことと存じます。
・初夏のさわかな風が木々の緑とたわむれる頃となりました。
・木々の緑をわたる風が、目にまぶしく感じられる初夏となりました。

【6月中旬】
・長雨のみぎり、皆様におかれましてはお変わりございませんか?
・梅雨もいよいよ本番となり、どんよりとした空模様が続いておりますが、皆様お元気にお過ごしでしょうか?
・梅雨冷えが肌寒い季節ですが、体調をくずされてはいませんか?
・雨に濡れたあじさいの花の色が、ことのほか美しい季節となりました。
・梅雨の中休みか、今朝はさわやかな青空が広がっておりました。
・梅雨の晴れ間にのぞく青空がまぶしく、夏らしさを感じる今日このごろ、いかがお過ごしですか?

<スポンサードリンク>

【6月下旬】
・梅雨明けが待ち遠しい今日このごろ、ますますご清栄のことと存じます。
・夏至を迎え、梅雨明けもいよいよ近くなってまいりました。
・夏至を過ぎたとはいえ、梅雨寒にふるえる日もありますが、お変わりなくお過ごしでしょうか?
・庭先の緑も雨に打たれ、ひときわ色を深めてまいりました。
・雨後の新緑がひときわ濃く感じられる今日このごろ、皆様お元気でお過ごしでしょうか?

手紙の結びの言葉6月

結びの言葉にも、季節を表す言葉を入れるとよりいいですね。

・若葉の色あざやかなこの季節、ますますのご発展をお祈りしております。
・梅雨入りも間近ですが、どうぞ元気でお過ごしください。
・梅雨冷えの肌寒い日もありますので、体調をくずされませんようご自愛ください。
・長雨の続く季節ですので、くれぐれもお体にはお気をつけください。
・梅雨晴れの青空を期待しつつ、皆様のご健康をお祈りいたします。
・梅雨明けを心待ちにするこのごろ、どうかお元気でお過ごしください。

お礼状の書き方、例文6月

お礼状は「前文」+「主文」+「末文」の構成で考えるとわかりやすいです。

(前文)
拝啓、雨にぬれたあじさいの花の色が、ことのほか美しい季節となりました。
皆様におかれましてはお元気でお過ごしのことと思います。
おかげさまで私ども家族も大過なく暮らしております。

(主文)
さて、このたびはご丁寧にお祝いの品をお送りいただき、まことにありがとうごうざいました。
さっそく家族で賞味させていただき、あまりの美味しさに一同心から喜んでおります。
いつも何かとお心配りをいただき、大変感謝しております。

(末文)
思わぬ梅雨寒に、お風邪など召されませんよう、くれぐれもご自愛ください。
まずは、とりいそぎお礼まで
          敬具
        6月○○日

<スポンサードリンク>