七夕の意味は?短冊のほかにどんな風習がある?

7月7日は七夕。織姫と彦星が年に1度巡り会う日として、願い事を短冊に書いたりしますね。

この七夕の由来や意味は何か、そしてどんな風習があるのでしょうか?

<スポンサードリンク>

七夕の由来・意味は?

七夕行事は、織女・牽牛(織姫と彦星)をめぐる星伝説と、裁縫と習字の上達を願う乞巧奠(きこうでん)という行事が中国から伝わり、さらに日本の「棚機女(たなばたつめ)」伝説が結びついたものです。

「棚機女(たなばたつめ)」は、神にささげる布を織り、人々の厄を神に持ち帰ってもらう巫女のこと。

七夕の名前の起源は、この「棚機女(たなばたつめ)」にあると言われています。

七夕の由来の1つ、星伝説とは?

all

川辺で機織りをしていた織女(織姫)は、牽牛(彦星)と結婚すると、お互いに夢中になり、仕事を怠けるようになっていきました。

そこで怒った天帝は、二人を天の川の東西に引裂、1年に1度、7月7日だけ会うことを許したのです。

旧暦の7月7日には、天の川は南北に連なります。

月が南の天の川の線上にかかると、月の明るさで天の川が見えなくなり、織女星(ベガ)と牽牛星(アルタイル)が川をはさんで向き合うように見えるようになります。それがまさに、織り姫と彦星が年に1度会えるときなんですね。

<スポンサードリンク>

七夕にはどんな風習がある?

七夕に関する風習は、短冊に願いごとを書くのが有名ですね。これは乞巧奠(きこうでん)に由来していて、江戸時代に武家の間で行われるようになりました。短冊は中国の陰陽五行説に基づいて青・赤・黄・白・黒の5色でかざります。

七夕の風習としてはこのほかに、お盆を前に体を清める禊(みそぎ)意味の行事もあります。

「七夕送り」
笹竹や供え物を七夕の翌日に川や海に流す風習です。

「ねむた流し」
日本古来の禊(みそぎ)の風習と結びつき、七夕の日には女性が洗髪をしたり、子どもを水浴びさせたり、井戸の掃除が行われるなど、水で清める風習がありました。「眠た流し」と書いたりもしますが、「ねぶた」と言うところもあり、青森県の有名なお祭り「ねぶた祭り」のルーツでもあります。

「七夕馬」
七夕の日、ワラや真菰(まこも)の葉で、牛や馬の形を作り、子供達たちこれを引いて早朝に草を刈りにいき、刈った草を背負わせて家に帰る行事が各地で盛んに行われていました。

▼七夕馬▼
chi_exh_det017
(出典:柏崎コレクションビレッジ(千葉の七夕馬)

<スポンサードリンク>