横浜開港祭花火の見える場所は?何時から?花火以外のイベントは?

横浜開港祭は、「開港を祝い、港に感謝しよう」というテーマのお祭りで、毎年開港記念日の6月2日前後に行われています。

最大のみどころは、最終日の花火大会(ビームスペクタクルinハーバー)
レーザー光線による演出で、「光」「音」「水」「花火」の華麗なショーが楽しめます。

関東で一番早い夏の花火大会としても有名で、2014年は約80万人もの人が訪れました。
今年もたくさんの人が訪れそうですね。

横浜開港祭花火大会はいつ?何時から?

2015年の横浜開港祭は5月30日(土)、31日(日)、6月2日(火)の3日間。

花火大会は最終日の6月2日(火)
平日ですが、横浜は開港記念日で小中学校がお休みになるため、家族連れも多く来場します。

<横浜開港祭の花火大会>
日程:2015年6月2日(火)
時間:20時20分〜20時50分
(最初の10分ぐらいは、ビームと音楽が中心。打ち上げ花火は30分過ぎぐらいから楽しめます)
場所:臨港パーク・横浜市西区みなとみらい1
URL:http://www.kaikosai.com/

会場地図(2015年はまだできていないので、2014年を参考に掲載します。出典:横浜開港祭2014
↓地図をクリックすると拡大できます
yokohamakizu

横浜開港祭花火の見える場所は?

yokohamahanabi
 
(出典:横浜開港祭ブログ

  • ■臨港パーク(打ち上げ場所)
よく見えるのは臨港パーク。レーザービームとの競演がよく見えます。
しかし、当然ながらめちゃくちゃ混雑します。前日から場所取りしている人も多く、朝8時頃で、岸壁エリアはほぼ埋まっているそう。
芝生エリアの奥の方なら夕方でもなんとか入れそうですが、樹などが邪魔で見えないこともあるので要注意です。

大桟橋、山下公園、山下埠頭での観覧は、花火が大きく見えるし、夜景も見えるので人気があります。

  • ■大桟橋
会場からは少し離れていますが、みなとみらいの夜景とともに花火が大きく見えます。
↓このような感じです
daisan
(出典:大さん橋スタッフブログ)

<スポンサードリンク>
  • ■山下公園

朝9時くらいからシートをもって場所取りする人もいます。
樹木が花火を遮ってしまう場所もあるので、早めに場所を確保したほうがよさそうです。

  • ■山下埠頭

普段は立ち入り禁止ですが、花火大会の日は特別に一部が解放されることが多いです。
夕方少し前には現地に行っていた方がいいでしょう。

  • ■カップヌードルニュージアムパーク(旧:新港パーク)
当日昼過ぎでも、前の方に余裕あるときが多いそう。
花火を待つ間も、海を見ながらゆったり過ごせます。
ただし、日差しが強いので、UV対策や熱中症対策を万全に。

  • ■旧貯木場
夜景スポットとしても人気の旧貯木場
夜景とともに花火を楽しめます。

そのほかには、
・ベイブリッジのスカイウォーク駐車場
・掃部山公園
・台町公園
・ポートサイドパーク

  • ■有料席
有料席もあるので、ゆっくり見たいという人は公式HPをご参考ください。
URL:http://www.kaikosai.com/

横浜開港祭花火以外のイベントは?

横浜開港祭では花火の他にも、さまざまなステージイベントやマリンイベントを開催します。
海・陸・ステージに分かれたプログラムは、五感で休験し、楽しめるものばかリです。
花火が始まるまでイベントで楽しみましょう。

横浜公園から歩いてくる途中の並木道には屋台もいっぱい出ますよ。

参考に、2014年のイベントはこんな感じでした。

<ステージイベント>
・官公庁音楽隊LIVEステージ
・ご当地アイドルライブ
・キッズダンスショー
・横浜クイズ選手権
・エコキャンドル・イルミネーション など

<マリンイベント>
・観光船ローズ 横浜湾港内クルーズ
・自衛隊護衛艦「やまゆき」一般公開
・ロイヤルウィングサンライトクルーズ
・シーカヤック体験
・官公庁艇パレードなど

<ランドイベント>
・開港祭検定親子スタンプラリー
・スウィーツパラダイス
・ワールドグルメカーニバル
・開港喫茶
・臨海セミナープレゼンツ わくわくキッズランド
(元オリンピックメダリスト 池谷幸雄さん『親子体操教室』開催)
・開港喫茶

花火が見える方向や見栄えを事前にシミュレーションできるアプリもありますよ
>>花火が見える場所がわかる無料アプリ!隅田川花火も東京湾花火もこれで安心>>

<スポンサードリンク>