端午の節句・初節句お礼の手紙例文、お礼状の書き方、メールメッセージ

端午の節句のお祝いをもらったら、お礼の手紙やメッセージを送りたいですね。

感謝の気持ちを伝えるためにも、お礼状はお祝いをいただいてから3日以内に送りたいものです。
すぐにお礼状を書けないときには、先に電話で受け取ったお礼をして、数日後にあらためてお礼状をだすようにしましょう。

<スポンサードリンク>

端午の節句・初節句のお礼の手紙の書き方はこの順番で!

お礼状の書き方は、次のような順番を目安にしてみてください。

①前文
季節のあいさつと、相手の健康を気づかう言葉

②感謝とお礼
日頃の感謝と、贈り物をいただいたことへのお礼

③感想や使い道など
いただいた物への感想や、何に使いたいと思うなど使い道、家族の反応なども添えると、より気持ちが伝わります。
また、お返しを贈るときには、その旨を添えます。

④末文
相手を気遣う言葉を添えます。

端午の節句・初節句お礼状の例文

さきほどのパターンに沿った例文です。

(前文)
拝啓、新緑が目に鮮やかな季節となりましたが、お元気でいらっしゃいますか?

(お礼)
このたびは○○(子どもの名前)の初節句では、見事な武者人形を頂戴し、誠にありがとうございました。

(感想)
さっそくリビングに飾り、初節句の喜びをかみしめております。
おかげさまで○○(子どもの名前)はすくすくと元気に育っており、最近ではおしゃべりともつかないさまざまな声をあげて笑顔で私たちを和ませてくれます。
武者人形を見て喜んでいる写真を同封しましたので、ぜひご覧ください。

(末文)
すがすがしい若葉の季節、ご家族皆様が健康でありますよう、心からお祈り申し上げます。
まずはお礼まで。

端午の節句・初節句お礼の手紙の文例バリエーション

各構成の言い換えたバリエーション例になります。
これをヒントに組み合わせて書いてみてください。

(前文)

<スポンサードリンク>

こちらの記事を参考にしてみてください。
>>手紙の書き出し例文5月お礼状や案内状にも役立つ

(お礼)
・このたびは、長男○○(子どもの名前)の初節句に際し、立派な兜をお送りいただき、本当にありがとうございました。

・本日、とても見事な武者人形が届きました。
 長男○○のために、このようなお気遣いをいただきありがとうございます。

・いつもながら○○様(相手の名前)の心遣いには、深く感謝しております。

・このたびは○○(子どもの名前)初節句に際して、お心のこもったお祝いを頂戴し、誠にありがとうございます。

(感想・使い道)
・いただいた兜はさっそく居間へ飾り、家族で眺めては、男の子が生まれた喜びをかみしめております。

・いただいた鯉のぼりをさっそく飾らせていただきました。
 色とりどりの鯉のぼりに、息子はとても興味深そうに笑顔で手を伸ばしたり、鯉のぼりがゆれるたび声をあげて喜んでおります。

・いただいたお祝いで、さっそく○○を購入させていただきました。
(現金をもらった場合は使い道なども書くと喜ばれます)

・○○のために、何か記念になるものをと考えています。決まりましたらまたご報告させていただきます。

(お返しを送る場合)
・ささやかではございますが、お礼の品を送りますのでお納めください。

・別便で心ばかりの品を送らせていただきました。どうぞお納めください。

(末文)

こちらの記事を参考にしてみてください
>>手紙の書き出し例文5月お礼状や案内状にも役立つ

端午の節句・初節句のお礼が遅れてしまったときは?

お祝いを受け取ってから1週間以上たってしまったら、まずは遅れてしまったことをお詫びしてからお礼を伝えます。何か事情があった場合には、簡単にその理由を添えるのもよいでしょう。

・挨拶が遅れましたこと、どうぞお許しください。

・心ならずもお礼のご挨拶が遅れましたこと、心よりお詫び申し上げます。

・お礼が遅くなってしまい、大変失礼いたしました。

・早くお礼を言うべきところ、お礼が遅くなり申し訳ございません。

<スポンサードリンク>