手紙の書き出し例文、季節の挨拶5月お礼状や案内状に役立つ

5月は端午の節句のお祝い、お礼などでメッセージを送る人も多いですね。
でも手紙やメールの書き出しが思い浮かばないで書く手が進まなくなることもあったりします。

そこで、5月の季節の挨拶の例文を集めてみました。

<スポンサードリンク>

手紙の書き出し例文5月 ビジネス用

ビジネス用など改まった手紙では、
「拝啓」で始め、「敬具」で終わるのが一般的。

そして、「拝啓」の次に
「時候の挨拶」と「安否の挨拶」を書き、
本文へとつなげていきます。

・新緑の候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。
・晩春の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
・初夏の候、皆様ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

時候の挨拶(○○の候)
惜春、立夏、軽暑、葉桜、青葉、万葉、残春、暮春、緑樹

手紙の書き出し例文 ていねいな挨拶

お礼状など、あまり堅苦しくない程度に、
ていねいな書き方をしたい場合に使える例文です。
ビジネスの場でも使えます。

【5月上旬】
・風薫る五月となり、ますますご活躍のことと存じます。
・八十八夜も過ぎて、茶畑の緑もいっそう色濃くなって参りました。
・新緑が目に鮮やかな季節となりましたが、いかがお過ごしですか?
・五月晴れの美しい空が広がる今日このごろ、お元気でご活躍のことと存じます。
・若葉のみずみずしさに心洗われる季節となりました。
・風薫るさわやかな季節、ゴールデンウィークで思い切りリフレッシュされたことと思います。

【5月中旬】
・五月晴れのさわやかな日が続いていますが、いかがお過ごしですか?
・草木もいっそう生き生きと勢いづいてくる季節となりました
・街路樹の枝をわたる風に、木漏れ日がまぶしい季節となりました
・吹く風の心地よい季節となってまいりました

<スポンサードリンク>

【5月下旬】
・初夏の日ざしがまぶしく輝く季節となりましたが、いかがお過ごしですか?
・吹く風もはや夏めいてまいりましたが、お元気でいらっしゃいますか?
・梅雨の走りでしょうか、ぐずついたお天気が続いております。
・木々をわたる風にも、初夏の気配を感じる季節となりました。

手紙の結びの言葉5月

結びの言葉にも、季節を表す言葉を入れるとよりいいですね。

・ゴールデンウィークの疲れもでる頃ですので、くれぐれもご自愛ください。
・すがすがしい若葉の季節、大いに英気を養いたいものです。
・さわやかな好季節、ますますのご活躍をお祈りしております。
・夏に向け、さらにご飛躍なさることとご期待申し上げます。
・梅雨も間近となっていますので、どうかお体を大切になさってください。

お礼状の書き方、例文5月

お礼状は「前文」+「主文」+「末文」の構成で考えるとわかりやすいです。

(前文)
拝啓、新緑のまぶしい季節となってまいりました。
皆様にはお元気でお過ごしのことと思います。
おかげさまで私ども家族も大過なく暮らしております。

(主文)
さて、このたびはご丁寧にお祝いの品をお送りいただき、まことにありがとうごうざいました。
さっそく家族で賞味させていただき、あまりの美味しさに一同心から喜んでおります。
いつも何かとお心配りをいただき、大変感謝しております。

(末文)
さわやかな好季節、ご家族皆様が健康でありますよう、心からお祈り申し上げます。
まずは、とりいそぎお礼まで
          敬具
        5月○○日

<スポンサードリンク>