お中元の意味・由来は?送る時期はいつ?誰に送ればいい?

お中元は、日頃お世話になっている人へ感謝の気持ちを込めて贈るもの。
夏に贈るのがお中元、年末に贈るのがお歳暮とよばれていますが、

そもそも「お中元」の言葉の意味や由来はなんでしょうか?

<スポンサードリンク>

お中元の意味・由来は?

お中元の由来は、中国にあります。
中国の宗教の1つである道教では、旧暦1月15日の「上元」、旧暦7月15日の「中元」、旧暦10月15日の「下元」に、神様へ供え物をしてお祝いをする習わしがありました。

これが日本に伝わり、ちょうどお盆の時期とも重なることから、親せきや知人を訪問しあい、互いにお供え物を中心としたなどに品物を贈り合う習慣が生まれました。

古くは、先祖への供え物という意味から、そうめんやうどん、小麦粉、米、菓子、果物などを贈っていました。
また、新盆(故人が亡くなって四十九日後、初めて迎えるお盆)の家には、提灯や線香を贈るのがしきたりだったようです。

現在では、お盆の供え物という意味は薄れているため、お世話になったお礼として、相手の好みなどに合わせ、喜ばれる品を選ぶといいでしょう。

<スポンサードリンク>

お中元を送る時期はいつ?

お中元を送る時期は、7月初めから15日頃までが一般的です。

この時期が過ぎてしまってもあわてずに!
7月16日以降は「暑中お見舞い」、8月7日頃の立秋を過ぎたら「残暑お見舞い」として贈れば大丈夫です。

お中元は誰に送ればいい?

現在のお中元は、お世話になった人へのお礼として送るものなので、必ずこの人に送るらなければいけないという決まりはありません。

離れて暮らしている両親、親戚、知人、恩師、会社の上司などが一般的です。

お世話になった方としては、例えば、

・就職を紹介してくれた人
・仲人をしてくれた人
・困ったときに助けてくれた人
・成長するきっかけを与えてくれた人
・大家さん
・習い事の先生
・子どもの塾の先生
・手術をしてくれた先生

などです。

お中元かお歳暮のどちらか一方だけ送りたいという場合は、暮れの挨拶としてお歳暮を優先させるのが一般的です。

もし、お世話になった時期が年の初めの方だった場合には、まずはお中元を送り、翌年からお歳暮にするというのも1つの方法です。

<スポンサードリンク>