母の日カーネーションの由来は?色には意味があるの?花言葉は?

母の日は、お母さんに日頃の感謝を伝える日ですね。
毎年5月の第二日曜日、2015年は5月10日(日)が母の日です。

母の日といえば、赤いカーネーションを贈りますが、
どういうきっかけでカーネーションを贈ることになったのでしょうか?
花や色にどんな意味があるのか調べてみました。

<スポンサードリンク>

母の日のカーネーションの由来は?

母の日はアメリカ生まれの記念日。
1905年。アメリカウエストバージニア州のアンナ・ジャービスという女性が、母の命日である5月9日に、亡き母をしのんで、母が日曜学校の教師をしていた教会で記念会を行いました。

そのときに母が愛した白いカーネーションを胸に飾り、集まった人たちにもカーネーションを配り、母への感謝を表しました。

アンナは母の死に遭遇したことで、生前に母を敬う機会を設けようと働きかけました。アンナの母への思いに人々は感動。反響をよび、1914年に議会の決議を経て、5月の第二日曜日を「母に感謝する日」として定められました。

アンナの行動が、母の日にカーネーションを贈るきっかけとなったんですね。

カーネーションの色の意味は?花言葉は?

もともとは、母を亡くした人は白いカーネーション、母が健在の人は赤いカーネーションを贈る習わしでしたが、現在は、赤いカーネーションを贈るのが一般的です。

カーネーションの色によって花言葉も異なるので、送る前に確認しておくと安心です。

赤 = 真実の愛、母の愛情

白 = 尊敬、純潔の愛

ピンク = 感謝、上品、気品

黄 = 軽蔑、嫉妬、友情

絞り = 愛の拒絶

最近はカーネーションにこだわらず、お母さんの好きな花や、特別な花をプレゼントする人もいるようです。

<スポンサードリンク>
  • 華やかな洋ラン
朝の情報番組で紹介の母の日洋蘭花ギフト★産地直送 全国送料無料お届け

  • ブルーローズ 花言葉は「神の祝福」
青い薔薇☆ブルーローズ

<母の日 関連記事>
・母の日のプレゼント50代・60代にあげたい化粧品/母の誕生日にも
・母の日のプレゼント 実用的なものでおすすめは何?
・母の日メッセージ例文。心に残る感謝の言葉、誕生日のお祝いにも。
・母の日プレゼント、花以外で60代の母におすすめなのは何?

<スポンサードリンク>