土用の丑の日2015はいつ?由来・意味は?食べ物はうなぎと何?

土用の丑の日には「うなぎを食べる」という習慣がありますね。

2015年の土用の丑の日はいつか、そもそもの由来は何か?
土用にちなんだ食べ物は何かをご紹介します。

<スポンサードリンク>

土用の丑の日はいつ?2015年

土用の丑の日というと、暑い夏を思い出しますが、実は夏だけではなく、年に4〜6回あります。

まず「土用の日」というのが、立春、立夏、立秋、立冬の前日までの18日間。丑の日の「丑」は十二支の二番目。日にちに子丑寅卯辰巳・・・と十二支をあてはめていき、土用の日の18日間のなかで「丑の日」にあたるのが「土用の丑の日」です。

2015年は以下になります。

<冬>1月13日(火)、1月25日(日)
<春>4月19日(日)
<夏>7月24日(金)、8月5日(水)
<秋>10月28日(土)

土用の丑の日の由来・意味は?

「土用」は中国の五行説に由来する言葉。五行説とは宇宙のすべては木・火・土・金・水からなるというもので
これを季節にあてはめて、

春=木
夏=火
秋=金
冬=水

が支配する季節とされ、残った「土」を各季節の終わりに当てはめました。

「土」の時期は季節の変わり目。次の季節の準備をするときでもあり、体調を崩しやすいときでもありますね。

特に夏は、夏バテ対策で精のつくものを食べる習慣があります。
その代表が夏の土用の丑の日の「うなぎ」です。

<スポンサードリンク>

この仕掛人は平賀源内といわれています。うなぎ屋が、夏にうなぎが売れないのでどうしたらよいかと源内に相談したら、土用の丑の日には「う」のつくものを食べるといいという言い伝えがあると知恵をつけました。それをヒントにうなぎ屋が「本日、土用丑の日」という張り紙をだしたところ、大当たりして大繁盛したそうです。

土用にちなんだ食べ物は?

土用にはうなぎのほか、梅干し、うどん、瓜など「う」のつく物を食べるといいと言われています。そのほかには次にようなのものがあります。

【土用餅】
夏の土用につく餅のことで、夏バテを防ぐ、無病息災で過ごせるといわれています。おもに関西や北陸地方では、あんころ餅などにして食べることが多いようですが、その昔、宮中ではガガイモの葉を煮出した汁でモチ米の粉をねり、その餅を味噌汁に入れたものを土用の入りに食べるという風習があったそうです。

【土用蜆(どようしじみ)】
しじみは肝機能を高め、疲労回復を助けるとサプリメントでも人気がありますね。栄養価が高いことから「土用しじみは腹の薬」といって、昔から土用の日にしじみのみそ汁が食卓に並びます。

そのほか、食べ物ではありませんが、土用にちなんだ風習として「土用干し」というのがあります。土用の晴天の日に、衣類や本、書画などを陰干ししてカビや虫などを防いだり、梅を干したりします。

<スポンサードリンク>