1日がワクワクに!やる気を出すわたしの方法

朝目覚めた時に、スッキリした気持ちでさわやかに目覚めることが多いんですけど、何となく疲れた気分の重い日もないわけではありません。仕事のことが気になったり、何か不安なことがあったりということもあったりします。でも、そのままで過ごすのはもったいないですから、気分をすぐに変えることを心がけています。

<スポンサードリンク>

①好きな音楽をかける

まずは好きな音楽をかけます。気分を盛り上げたいときは、ノリノリで思わず体が動きだす曲、ライブでの興奮がよみがえる曲をかけたりします。逆に、心を静めたいときはヒーリング系の曲で瞑想します。曲調だけでなく、楽器の音色、周波数的なものも心に影響しますよね。好きなアーティストの中でも高い声のきれいな人の曲が聞きたいときもあれば、低音のR&Bを聞きたいときもあるし。

たまにノリノリになりすぎて、仕事が手につかなくなることもありますけど(笑)。いつもライブを見に行くお気に入りアーティストの曲は、仕事が終わったときのご褒美しています。一瞬で心を変えてくれるものの1つとして音楽ってとても大事ですね。

<スポンサードリンク>

②好きな香りのアロマを炊く

香りも脳に刺激を与えて感情を変えてくれるものの1つ。ティートゥリーやユーカリなどの浄化の香りが好きですが、最近はローズマリーもお気に入り。記憶力がアップしたり、精神的な疲れを改善してくれたりするのだそうです。スッキリした香りがいい感じ。以前はキャンドルで温めて使うアロマポットを愛用していましたが、この間、LEDライト付きのアロマディヒューザーも買いました。今度はラベンダーなど就寝前に向いているアロマを買ってみようかなと思います。

③体を動かす

嬉しいことがあったときに、ヤッターを手をあげたりしますね。逆に気分が落ち込んでいるときは肩が丸まって、下を向いていることが多いです。つまり、感情と体の動きってつながってるんですね。だから、ヤッターと手を上に上げてみる、ぴょんぴょんとジャンプしてみる、そうすることで気持ちが上向きになってくるんです。ちょっとやる気がでない、仕事のアイデアがでてこない、そんな時には体を動かして、ジャンプしたり、手を上に上げてみたりするといいですよ。

<スポンサードリンク>