花粉症対策、簡単に自宅でできるセルフケアは?

花粉の季節になりましたね。
早い人は2月くらいから目がかゆくなったり、
くしゃみが出たり、花粉症の症状が出始めますが、
3月や4月頃から症状が出る人も多いので、
油断しないで早めに花粉症対策を始めましょう!

<スポンサードリンク>

花粉症対策① 花粉から身を守る!外出編

花粉症にならないために大事なのは、花粉をできるだけ浴びないこと

  • 花粉情報をチェック
花粉情報をチェックして、花粉が多く飛びそうな日は外出を控えたり、
念入りに対策をして出かけるようにしましょう。

花粉が多く飛ぶのはこんな日
・晴れて気温の高い日
・乾燥して風の強い日
・雨が降った翌日で天気の良い日
  • マスクや花粉対策用メガネをつける
花粉を吸入しないように、マスクは必ずつけましょう。
くしゃみで人に迷惑をかけないためにも役立ちます。

メガネの周りにフレームのついた花粉対策用のメガネ。
花粉を90%以上カットしてくれます。
オシャレなデザインで、紫外線やブルーライトをカットするものもありますよ。

  • 花粉のつきにくい素材の服を着る
花粉が飛ぶ時期は表面がスベスベした生地のものがおすすめ。
毛織り物などは花粉が付着しやすいので避けた方がいいでしょう。

  • 帰宅後のケアも忘れずに
帰宅後は玄関で、服や髪についた花粉を落としてから家にはいりましょう。
そして、うがい、手洗い、鼻をかむ、目を洗う。
すぐに入浴して全身を洗い流すことも効果的です。

<スポンサードリンク>

花粉症対策② 花粉から身を守る!自宅編

部屋の中に花粉が入らないように気をつけます。

1.窓や戸を開けっ放しにしない
2.布団や洗濯物は花粉を払い落としてから取り入れる。
3.部屋の整理整頓をし、マメに掃除をする。

ほこりがたまりやすい絨毯や、ベッドの下は念入りに掃除するよようにしましょう。
ただ、掃除機の排気風で花粉やほこりが部屋に舞うので注意が必要です。
フローリングの部屋であれば、クィックルワイパーだけでも
ほこりは結構取れます。
排気風の少ないコードレス掃除機も軽くて便利です。

そして、空気清浄機があればなお安心ですね。
PM2.5にも対応、部屋の臭いもとってくれます。加湿機能もついてます。

花粉症対策③ 症状をやわらげるセルフケア

早いうちに病院できちんと薬を処方してもらうこと。
そして、家でできるセルフケアをして、症状をやわらげていくと安心です。

①鼻づまりで苦しいときは、鼻を温める
鼻づまりで苦しいときは、蒸しタオルで鼻を温めてあげるといいでしょう。
部屋に加湿器を置くのも効果的です。

②部屋にアロマをたく
アロマオイルには、殺菌・消炎効果のあるものがあるので、
お部屋でアロマを炊いたり、マスクに1滴たらしたりすると
いいでしょう。
>>花粉症対策にはアロマが効果的?ピッタリのアロマオイルはどれ?>>

③目がかゆいときは、冷たいタオルをあてる
かゆいときは、冷たいタオルを当てると
症状がやわらぎます。
こすったり強く抑えたりすると、目の角膜が炎症を起こしたり、
結膜浮腫にあったりすることがあるので注意しましょう。

<スポンサードリンク>