浅草三社祭の楽しみ方!見どころはどこ?アクセスは?

江戸の下町風情を味わえると人気の初夏の風物詩、浅草三社祭。
3日間で150万人もの人が訪れるそう。

正式名称は「浅草神社例大祭」で、毎年5月第3週の週末に行われます。
2015年は5月15日(金)・16日(土)・17日(日)になります。

<スポンサードリンク>

三社祭の見どころはココ!

mikosi_003
(出典:浅草神社(三社様)HP

1.大行列 5月15日(金)13時〜

三社祭の始まりを告げる大行列は初日の恒例行事。
お囃子(はやし)屋台・びんざさら舞・白鷺の舞などが
行列をつくって、1時間余をかけて浅草の町を歩きます。
(浅草組合〜浅草六区〜雷門・仲見世を通り〜浅草神社)

2.町内神輿連合渡御(ちょうないみこしれんごうとぎょ)5月16日(土)正午〜

浅草寺本堂の裏広場に44の町会の約100基の神輿が集まり、
浅草神社でお祓いを受けてから、各町へ担いでいかれます。
夕方からは、この神輿がライトアップされて、各町を渡御します。
(渡御(とぎょ)とは神輿が進むこと)

この神輿渡御を見るだけでも祭り気分をかなり味わえます。

<スポンサードリンク>

3.お祭り広場 5月17日(日)11時〜18時

雷門通りから馬道通りにてお祭り広場を開催。
歩行者天国になり、そこに各町の神輿が通ります。
たくさんの町内神輿でいっぱいになり、
一番神輿の数が多いのが午後2時頃です。

4.宮出し 5月17日(日)6時

神輿を神社の境内から出すことを「宮出し」、
戻ることを「宮入り」と言います。
最終日の6時から、神社から3つの大­きな神輿を担ぎ出す
「宮出し」が行われ、最高潮の盛り上がりに!

とても迫力があって見る価値ありますが、
かなり混雑するので宮出しの時間は神社境内に
見物場所はほとんどありません。

すごい迫力です!

◆三社祭の公式ホームページ(日程はこちら)
http://www.asakusajinja.jp/sanjamatsuri/nittei.html

三社祭の場所はどこ?アクセスは?

三社祭は浅草神社で行われます。

最寄り駅
・地下鉄/東京メトロ銀座線浅草駅から徒歩7分
・地下鉄/都営地下鉄浅草線浅草駅から徒歩7分
・東武線浅草駅から徒歩7分
・つくばエクスプレス浅草駅より徒歩10分

場所:東京都台東区浅草2-3-1
周辺mapはこちら⇒浅草神社HP

<スポンサードリンク>