手紙の書き出し例文、季節の挨拶3月お礼状や案内状に役立つ

卒業や入学のお祝い、退職・異動の挨拶など
3月はお祝いやお礼などのメッセージを送る機会が多いですね。

書き出しに季節を感じる言葉や、心温まる言葉が入ると
その後のメッセージも引き立ちます。
3月の季節の挨拶の例文を集めてみましたので、参考にしてみてください・

<スポンサードリンク>

手紙の書き出し例文3月 ビジネス用

ビジネス用など改まった手紙では、
「拝啓」で始め、「敬具」で終わるのが一般的。

そして、「拝啓」の次に
「時候の挨拶」と「安否の挨拶」を書き、
本文へとつなげていきます。

・早春の候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。

・初春の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・浅風の候、皆様ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

■時候の挨拶(○○の候)の例
春分、春雨、孟春、仲春、麗日、若草、解氷、雪解、弥生、若草

手紙の書き出し例文 ていねいな挨拶

お礼状など、あまり堅苦しくない程度に、
ていねいな書き方をしたい場合に使える例文です。
ビジネスの場でも使えます。

【3月上旬】
・春まだ浅く、風に冷たさが感じられる今日この頃、いかがお過ごしですか?
・浅春のみぎり、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
・芳しい沈丁花の香りに春の到来を感じる今日この頃、つつがなくお過ごしでしょうか。
・桃の節句も過ぎ、寒さもようやくゆるんでまいりました
・暦の上では啓蟄も過ぎ(3月6日頃をさす)、
  冬ごもりの虫たちも顔をのぞかせる季節となりました。
・桃のつぼみもふくらんで、春の訪れを告げています。
・花のつぼみもほころぶ季節となりました。

<スポンサードリンク>

【3月中旬】
・春寒も緩みはじめ、ようやく過ごしやすい気候となってまいりました。・・・
・春光うららかな日々となりましたが・・・
・奈良のお水取りがすみ、春ももうそこまで来ていることを感じる今日この頃・・・
・春一番が吹き、いよいよ春本番をを迎えようとしています。
・穏やかな日ざしに、早い春の訪れを感じるころとなりました。・・・
・暑さ寒さも彼岸までと申しますが、まだお寒い日がつづいています。
・花の便りも聞かれる季節となりました。
・春色にわかに動きはじめ、心躍る季節となりました。
・木々の緑が日増しに色づく季節となりました。

【3月下旬
・菜種梅雨の静かな午後、いかがお過ごしでしょうか?
・淡雪も消え、道の草にも春色が感じられる今日この頃・・・
・桜前線の北上に、春の足音を感じるこの頃・・・
・春めいたうららかな日和が続いています。
・桜花まさにいっせいに花開かんとする時節となりました。
・春霞のただよう季節となりました。

手紙の結びの言葉3月

結びの言葉にも、季節を表す言葉を入れるとよりいいですね。

・おもいがけぬ春寒にお風邪など召されませんように、どうかご自愛ください。

・寒さももう少しの辛抱です。おからだを大切になさってください。

・春のあたたかな日差しのもと、お健やかな日々をお過ごしください。

・春風とともに、皆様に幸せが訪れますようお祈りしております。

・天も地も躍動の季節、ますますのご活躍をお祈りいたします。

<スポンサードリンク>