花粉症シーズンの布団の干し方は?布団乾燥機があった方がいい?

花粉が飛ぶ季節は、できるだけ花粉に触れないようにすることが大切です。

布団や洗濯物を外に干すと、花粉がついてしまい
室内にも花粉が入ってしまいます。

どのような対策をしたらいいのでしょうか?

<スポンサードリンク>

花粉症シーズンの布団の干し方は?

布団を外に干して乾燥させると布団がふっくらするし、
脱臭、殺菌などの効果があります。

花粉が飛ぶ時期は、布団を取り込むときに
よく叩きましょうというアドバイスも見かけますが、
実は、これはあまり良くないそうです。

素材が綿の布団の場合は、生地や中綿を傷めます。
羽毛の場合は、内部の羽毛が壊れて布団の寿命が低下します。
そもそも、「布団を叩く」ということがよくないのですね。

花粉の時期は、布団の表面についた花粉がとれるように、
手でやさしく布団をなでるように払うようにしましょう。

丁寧にやれば、50%ほどの花粉が落ちるというデータもあるそうです。

布団に掃除機をかけるのもいいですが
排気口からの風で花粉やほこりが室内に舞いやすいです。
排気口をベランダなど外に向けてから使ったり
部屋に空気清浄機を置いて室内に花粉が入らないように注意しましょう。

花粉の時期は布団カバーを使って干すと安心です!

最近は、便利な布団干しカバーというものが売っています。
布団を干したときに、カバーをかぶせれば花粉がつきにくくなりますよ。

<スポンサードリンク>

布団干し袋 防花粉カバー ホコリよけ 布団干しカバー
布団を干すのに困っている方へ。

布団も洗濯物も乾かせる布団乾燥機なら1年中活躍

花粉の飛ぶ時期は、外に布団や洗濯物を干さないのが
一番の花粉対策になります。

そこで活躍するのが布団乾燥機。

布団を乾燥させてふっくらさせることができ、
ダニ対策ができたりします。

花粉の季節の後は梅雨がやってきます。
雨で布団が干せないときもとても役に立ちます。
冬は寝る前に布団を温めるのに使えるので
1年中使えるんですね。

ホースやマットを使わない手軽さと、薄さ13cmで収納しやすいと人気です。
税抜5,000円以上お買い上げで送料無料!
≪タイムセール≫【送料無料】ZOJIRUSHI〔象印〕ふとん乾燥機

<スポンサードリンク>