手紙の書き出し例文、季節の挨拶4月お礼状や案内状に役立つ

手紙やメールの書き出しで悩むことも多いですね。
和やかなムードで季節の挨拶もさらっとセンスよく入れると
コミュニケーションもよりスムーズになります。

4月の季節の挨拶の例文を集めてみました。

<スポンサードリンク>

手紙の書き出し例文4月 ビジネス用

ビジネス用など改まった手紙では、
「拝啓」で始め、「敬具」で終わるのが一般的。

そして、「拝啓」の次に
「時候の挨拶」と「安否の挨拶」を書き、
本文へとつなげていきます。

・陽春の候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。

・麗春の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

・春風の候、皆様ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

■時候の挨拶(○○の候)の例
春眠、惜春、桜花爛漫、花冷え、春和、春暖、春嵐

手紙の書き出し例文 ていねいな挨拶

お礼状など、あまり堅苦しくない程度に、
ていねいな書き方をしたい場合に使える例文です。
ビジネスの場でも使えます。

【4月上旬】
・春爛漫の好季節を迎え、ますますご活躍のことと存じます。
・桜花満開の好季節がやってきましたが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
・春光うららかな季節を迎え、お元気でご活躍のことと存じます。
・花冷えの時節でございますが、皆様お元気でお過ごしのことと存じます。
・花吹雪の舞う季節となりましたが・・・

<スポンサードリンク>

【4月中旬】
・春の夜のおぼろ月に風情を感じる季節となりましたが・・・
・若草の緑がまぶしい季節となりましたが・・・
・春光を浴びて、新緑の緑があざやかな季節となってまいりました
・葉桜のみぎり・・・
・春風に吹かれ、桜の木も若葉を揺する季節となりました

【4月下旬
・花の盛りも過ぎ、草木の緑が色濃くなってまいりました
・はや穀雨(こくう)の季節を迎え、今日は静かな雨が降りそそいております
・卯月にふさわしく、庭の卯の花がようやく白い花を咲かせました。
・南風しきりの好季節・・・

手紙の結びの言葉4月

結びの言葉にも、季節を表す言葉を入れるとよりいいですね。

・花の季節ですが、まだ朝晩は肌寒くございます。どうかご自愛ください。

・花冷えの時節ですので、おからだを大切になさってください。

・春光あまねく満ちわたる季節、皆様のご多幸をお祈りいたします。

・春暖のみぎり、お元気にてご活躍ください。

お礼状の例文4月

お礼状は「前文」+「主文」+「末文」の構成で書くとわかりやすいです。

(前文)
拝啓、春の夜のおぼろ月に風情を感じる季節となりましたが
皆様にはお元気でお過ごしのことと思います。
おかげさまで私ども家族も大過なく暮らしております。

(主文)
さて、このたびはご丁寧にお祝いの品をお送りいただき、まことにありがとうごうざいました。
さっそく家族で賞味させていただき、あまりの美味しさに一同心から喜んでおります。
いつも何かとお心配りをいただき、大変感謝しております。

(末文)
花冷えの時節ですので、おからだを大切になさってください。
まずは、とりいそぎお礼まで
          敬具
        4月○○日

<スポンサードリンク>