腸内フローラが太らない体を作る?効果あるの?たけしの番組で話題

NHKスペシャルや、たけしの健康エンターテイメント「みんなの家庭の医学」で
放送されて、いま話題の「腸内フローラ」

私たちの腸内には、たくさんの細菌が住んでいますが、その細菌の群れを「腸内フローラ」と呼んでいます。「フローラ」はギリシャ神話の花の女神でもありますが、植物の群集という意味があり、まるで腸内に花畑があるように広がっている感じなんですね。

この腸内フローラの研究が進み、人間の健康にさまざまな影響を与えていることがわかってきました。
がん、糖尿病、肥満、アレルギー、老化などのほか、性格や感情までも影響があるのだそうです。

<スポンサードリンク>

腸内フローラが太らない体を作る?

同じものを食べても太る人もいれば、太らな人もいますね。
マウスによる実験で、太った人の腸内菌を入れたマウスは太っていき、
痩せている人の腸内菌を入れたマウスは太らなかったという結果がでています。

太る体質の人の腸内フローラには、「バクテロイデス」という菌が少ないことがわかりました。

バクテロイデスは「短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)」という物質を出し、
①余分な脂肪をとりこまない(蓄積を減らす)
②筋肉に働いて脂肪を燃やす(消費を増やす)

という働きをします。

その「バクテロイデス」が少ないということは、
脂肪をためやすい体になっているというわけです。

太らない腸内フローラにするには何が効果的?

善玉菌、悪玉菌のバランスを整えて、腸内フローラを改善するには
食物繊維の多いものを食べることが大切です。

ごぼう、たまねぎ、アスパラ、大豆などを積極的に食べましょう。

善玉菌が悪玉菌より優勢になるように助けるために、ヨーグルトを食べるのもいいそうです。

腸内フローラが、シワを防いでハリのある肌に導く?

腸内フローラの働きには老化防止もあります。
女性ホルモンに似ている「エクオール」という細菌があり
それを増やすことでコラーゲンが増え、
シワが浅くなっていくことがわかりました。

<スポンサードリンク>

更年期障害の症状である顔のほてりや骨密度の低下にも
改善が見られたそうです。

「エクオール」を増やすには、大豆をたくさん食べること。
ただ、大豆を食べても腸内環境でエクオールを作れる体質の人は
日本人の約半分といわれています。

エクオールを補強するサプリもあるので
それらを活用するよいいですね。
[大塚製薬] エクエル 112粒入 [栄養機能食品](EQUELLE エクオール含有食品)

腸内フローラがガンをなくす?

腸内フローラの菌が与える影響がわかり始め、医学を大きく進化させる可能性をみせています。ガンを引きおこす菌は「アリアケ菌」。太るとアリアケ菌が増えてガンになりやすいそう。逆に、ガンを予防するのが「ナッツ菌」であることもわかりました。

欧米では、健康な人の腸内フローラで病気の人のお腹に入れて治療する「便微生物移植」も行われ始めています。

臆病な人が積極的になったり、うつ病が治ったり、
それらも腸内フローラの研究でどの細菌が影響しているのかわかっており、
ガン治療や、さまざまな病気の治療の未来が、腸内フローラにありそうです。

食物繊維の多い食事を心がけて、健康な腸内フローラを保っていきたいですね。

<あわせて読みたい記事>
・腸内細菌のバランスをよくする3つの方法
・太らない体を作るお花畑、腸内フローラとは?バクテオロイセスを増やすには?

<スポンサードリンク>