花粉症には鼻うがいが効くの?痛くない?やり方は?

花粉症の薬をもらおうと耳鼻科に行ったら、お医者さんに「鼻うがいをしてください」と言われました。

鼻うがいって、なんだか痛そうですし、怖くてやりたくないなと思ったのですが、病院でもらった説明書を読んだら意外とできそう!

さっそくやってみたので、花粉症対策やインフルエンザ予防をしたい人はぜひ試してみてください!

<スポンサードリンク>

花粉症には鼻うがいが効くの?

花粉症の時期になると、できるだけ花粉を取り込まない、家に持ち込まないといった対策が必要ですね。外から帰ったら服についた花粉を払ったり、うがいをしたり,目を洗ったりしてキレイにすることが大切です。

でも、普通にうがいしただけでは鼻から入った花粉を十分に取り除くことができません。

一番、花粉やウィルスが付着しやすいのが「上咽頭(じょういんとう)」と呼ばれる「鼻とのどの接点」の部分だからです。

プリント

この「上咽頭」は、口を開けても見えず、口からのうがいではお水が届きません。

そこで、この「上咽頭」をキレイにする方法が「鼻うがい」なのです。

「上咽頭」は、ウィルスや細菌が肺や胃腸に侵入するのを防ぐガードマンの役目。身体が冷えたり、クーラーによる乾燥や汚れた空気を吸った時、疲労で抵抗力が落ちたときなどに、炎症を起こして喉がイガイガするような痛みを起こします。

花粉症だと思っていたら、慢性上咽頭炎だったということもあるのだそうです。

鼻うがいで「上咽頭」をキレイに保つことで、花粉症の症状をやわらげたり、風邪を引きにくくしたりすることにつながります。

鼻うがいは痛くないの?

「鼻うがい、できればやりたくない(><)」

そう思ってしまう一番の理由は「痛い」と思うからではないでしょうか?プールの中や、シャワーを浴びているときに鼻から水が入るとツーンと痛いですものね。

痛い理由は、「真水」だから。真水だと体液と浸透圧が違うため痛さを感じます。

でも、鼻うがいは真水でするのではなく、人間の体液の浸透圧と同じ「生理食塩水」で行うので、痛むことはありません!

これで、大きな壁をクリアできましたね^^

<スポンサードリンク>

鼻うがいのやり方

(1)生理食塩水を作る
まず、鼻うがいで使う「生理食塩水」を作ります。

①水道水はつかわずに、精製水やミネラルウォーターを使う
水道水は塩素を含んでいるので避ける

②体液と同じ「0.9%の濃度」にする
お水100mlに対して、食塩0.9gをまぜて作ります。もし、500mlのミネラルウォーターを使うならば、食塩4.5gになります。

まとめて作り置きしておいても大丈夫ですが、冷蔵庫で保存し、1週間以内に使い切るようにしましょう。

(2)プラスティックの容器に生理食塩水を入れる

押すと水がピュッとでるような、やわらかいもの、先が細いものを選びます。専用のものも売っていますが、100均で売っているこんな感じのでOKです。

4905001242540_1image-20140301152454

(3)鼻うがいを行う

①頭を60度ほど後ろに傾ける
鼻から入れた生理食塩水が垂れてこないようにするためです
hanaugai1

②片方の鼻の穴にボトルの先端を当て、ボトルを押して生理食塩水を鼻から入れます
hanaugai2

③のどに落ちて来た生理食塩水をそのまま飲み込むか、口から出す。
hanaugai3

④もう片方の鼻も同様に行う
hanaugai4

(4)鼻うがい直後は、鼻をかまない
すぐに鼻をかむと耳に水が入り、中耳炎になる恐れがあります。下を向いて垂れて来た生理食塩水をぬぐう程度にしておきましょう。

(5)1日2〜3回行うことを習慣にする

初めは恐る恐るな感じでやったら、鼻から入れてそのまま同じ鼻からでてきてしまい、上咽頭まで届かず(><)

でも、痛くない!ということがわかったので、再び挑戦。

次は、「あ〜」と言いながらやるようにしたら口の方までスルっと生理食塩水が落ちてきました!食塩水ですから、しょっぱい味を感じたら鼻うがいができた証拠。鼻の奥がすっきりしていい感じです。

いろいろ準備するのが面倒という人は、市販の鼻うがい液を使うといいですよ。私も最初はそうしました。ボトルもついているので便利。次から生理食塩水をこれに入れて使おうと思います。
hananoa

↓   ↓  ↓
ハナノア専用洗浄液 500ml

<スポンサードリンク>