恵方巻き2016年意味は?いつ食べる?方角は?

2月が近づくと「恵方巻き」の文字を目にする機会が増えますね。コンビニでも予約を受け付けていたり、CMやっていたりと。

でも、恵方巻きを食べるとどんないいことがあるの?とイマイチわからなかったので調べてみました。

同じような疑問を持っている方の参考になればと思います。

<スポンサードリンク>

恵方巻きを食べる意味は?

節分

恵方巻きを食べるのは、「幸運・福を呼び込む」という意味があります。

そもそもこの風習は、江戸から明治にかけて大阪で生まれたもの。

七福神にちなんだ7種類の具を巻いて作った太巻きを、めでたい方角(恵方)を向いて食べることから「恵方巻き」と呼ばれるようになりました。

「福を巻き込む」という意味を込めて「巻き寿司」なんですね。
(鬼を退治する金棒の意味もあるようです)

そして「縁」を切らないように巻き寿司も切らずに丸かじりして、福を呼びこむという風習なのです。

全国的に広まったのは1998年にコンビニが売り出したことが始まり。

最近では太巻きだけでなく、ロールケーキなどスゥイート系や春巻きなど総菜系などいろんなバリエーションがあるので、好きな食べ物で幸運を呼び込むのもいいですね。

<スポンサードリンク>

恵方巻きはいつ食べる?方角は?2016年

恵方巻きは節分の日に食べます。

2016年の節分、恵方巻きを食べる日は

2016年2月3日(水曜日)

方角(吉方)は

南南東

どちらが南南東か知りたい場合は、スマホのアプリが便利ですよ
conpas
▼恵方コンパス▼
https://itunes.apple.com/us/app/id498701550



うなぎの恵方巻き七福神にちなんだ7種類の具材使用!【巻き寿司 お寿司 恵方巻き うなぎ 節分】

恵方巻ロール 地元姫路・夢前町の新鮮な素材を使ったロールケーキ どこか懐かしい味にホッとします…

くるくるワッフル 恵方巻 福くるくる

<スポンサードリンク>