手紙の書き出し例文、季節の挨拶1月お礼状や案内状に役立つ

年始は新年の挨拶や仕事初めのときに一言書き添えたりすることも増えますね。

手紙や案内状、お礼状を出すときには、書き出しに季節感のある言葉を入れるだけで、文章がぐんとセンスアップします。

1月の季節の挨拶の例文を集めてみました。

<スポンサードリンク>

手紙の書き出し例文1月 ビジネス用

ビジネス用など改まった手紙では、
「拝啓」で始め、「敬具」で終わるのが一般的。

そして、「拝啓」の次に
「時候の挨拶」と「安否の挨拶」を書き、
本文へとつなげていきます。

・新春の候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。
・初春の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
・厳寒の候、皆様ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

時候の挨拶(○○の候)
迎春、小寒、厳冬、寒風、酷寒、寒冷、大寒、厳寒、極寒、烈寒、甚寒、寒風、降雪、冷雨、仲冬

手紙の書き出し例文 ていねいな挨拶

お礼状など、あまり堅苦しくない程度に、
ていねいな書き方をしたい場合に使える例文です。
ビジネスの場でも使えます。

1月上旬

・初春を迎え、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
・ご家族おそろいで、よきお年を迎えられたことと存じます。
・寒の入りとともに、厳しい寒波がやってまいりましたが、皆様お元気にお過ごしでしょうか?
・松の内もあけて、また忙しい毎日に戻られたことと存じます。
・年も改まり、決意も新たにご活躍のことと存じます。

1月中旬

・鏡開きも終わり、新たな気持ちでご精励されていることと存じます。
・例年になく暖かい今日この頃ですが、皆様ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
・寒気はなはだしき折、お変わりございませんか?
・寒さが一段とつのってまいりましたが、お風邪など召されてはいませんか?
・凍てつく北風が骨身にしみる毎日ですが、お元気でお過ごしでしょうか?

1月下旬

・大寒を迎え、冷え込みがひときわ厳しくなってまいりましたが、お元気でお過ごしでしょうか?
・寒気ことのほか厳しき折、皆様にはますますご健勝のほどお喜び申し上げます。
・寒風吹きすさぶこのごろですが、お元気でお過ごしでしょうか?
・星も凍てつく寒夜が続いていますが、お変わりなくお過ごしですか?
・雪見酒が楽しみな季節となりましたが、お変わりございませんか?

<スポンサードリンク>

手紙の結びの言葉1月

結びの言葉にも、季節を表す言葉を入れるとよりいいですね。

・皆様にとりまして、本年が幸多き年でありますよう、お祈り申し上げます。
・新しい年への期待に胸膨らませ、本年もますますのご活躍をお祈りしております。
・本年も変わらぬおつき合いをお願い申し上げます。
・寒さもこれからが本番です。どうぞお風邪など召されませんようご自愛ください。
・寒さ厳しき折から、くれぐれもおからだにはご留意なさってください。
・春を待ちわびつつ、皆様の健康とご多幸をお祈りしています。

お礼状の書き方、例文1月

お礼状は「前文」+「主文」+「末文」の構成で考えるとわかりやすいです。

(前文)
拝啓、新年を迎え、皆様におかれましてはお健やかにお過ごしのことと存じます。
おかげさまで私ども家族も大過なく暮らしております。

(主文)
さて、このたびはご丁寧にお祝いの品をお送りいただき、まことにありがとうごうざいました。
さっそく家族で賞味させていただき、あまりの美味しさに一同心から喜んでおります。
いつも何かとお心配りをいただき、大変感謝しております。

(末文)
寒さもこれからが本番。どうかお体を大切にお過ごしください。
ご家族皆様が幸多き日々を迎えられますようお祈りいたします。
まずは、とりいそぎお礼まで
敬具
1月○○日

<スポンサードリンク>