手紙の書き出し例文、季節の挨拶12月お礼状や案内状に役立つ

12月はお歳暮やクリスマスプレゼント、年末の挨拶など、メッセージを送る機会が多いですね。
手紙や案内状、お礼状を出すときには、書き出しに季節感のある言葉を入れるだけで、文章がぐんとセンスアップしますよ。

12月の季節の挨拶の例文を集めてみました。

<スポンサードリンク>

手紙の書き出し例文12月 ビジネス用

ビジネス用など改まった手紙では、
「拝啓」で始め、「敬具」で終わるのが一般的。

そして、「拝啓」の次に
「時候の挨拶」と「安否の挨拶」を書き、
本文へとつなげていきます。

・初冬の候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。
・寒冷の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
・歳晩の候、皆様ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

時候の挨拶(○○の候)
師走・初冬・季冬・霜寒・霜夜・寒気・激寒・歳末・忙月・初雪・新雪・孟冬

手紙の書き出し例文 ていねいな挨拶

お礼状など、あまり堅苦しくない程度に、
ていねいな書き方をしたい場合に使える例文です。
ビジネスの場でも使えます。

【12月上旬】
・寒気いよいよ厳しき折、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
・暦の上では大雪※を迎えますが、皆様お元気にお過ごしでしょうか?
・師走の声を聞き、何かとお忙しくされていることと思います。
・初霜の知らせを耳にする今日このごろ、お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか?
・いよいよ冬将軍の到来の季節となりました。
・木枯らし吹きすさぶ季節となりましたが、お元気でいらっしゃいますか。
・なにかと心せわしいとしの暮れとなりました。
・凍てつくような北風が肌身にしみるこの頃ですが、お変わりございませんか?
(※大雪=12月7日ころを指す)

【12月中旬】
・師走のみぎり、なおいっそうご活躍のことと拝察いたします。
・今年も押し迫り、皆様には諸事ご多用のことと存じます。
・師走も半ばとなり何かと気ぜわしくなってまいりました。
・シクラメンが美しい花を咲かせる季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?
・寒椿の鮮やかな紅色に魅せられる季節となりました。
・吹きすさぶ北風が身にしみる年の瀬ですが、いかがお過ごしですか?
・諸事ご繁多の折から、皆様におかれましてはなおご精励のことと拝察いたします。

【12月下旬】
・年末厳寒の候、お変わりなくお過ごしのことと存じます。
・冬至※も過ぎ、いよいよ気ぜわしくなってまいりましたが、お変わりございませんか?
・今年も残すところあとわずかとなり、年越しの準備にお忙しいことと拝察いたします。
・街には華やかなイルミネーションがきらめく季節となりました。
・年の瀬もいよいよ押し迫り、迎春の支度にあわただしくお過ごしのことと拝察いたします。
(※冬至=12月22日頃を指す)

<スポンサードリンク>

手紙の結びの言葉12月

結びの言葉にも、季節を表す言葉を入れるとよりいいですね。

・寒さ厳しくなります折、お風邪など召されませんように。
・心あわただしい毎日かと存じますが、お体を大切になさってください。
・輝かしいご越年をお祈り申し上げます。
・今年の残りわずかとなりました。どうぞよいお年をお迎えください。
・迎春のお支度にお忙しい折から、くれぐれもご無理をなさいませんようご自愛ください。

お礼状の書き方、例文12月

お礼状は「前文」+「主文」+「末文」の構成で考えるとわかりやすいです。

(前文)
拝啓、年の瀬を迎え、なにかとめまぐるしい毎日ですが、
皆様お変わりございませんか?
おかげさまで私ども家族も大過なく暮らしております。

(主文)
さて、このたびはご丁寧にお祝いの品をお送りいただき、まことにありがとうごうざいました。
さっそく家族で賞味させていただき、あまりの美味しさに一同心から喜んでおります。
いつも何かとお心配りをいただき、大変感謝しております。

(末文)
寒さ厳しくなります折、どうかお体を大切にお過ごしください。
皆様おそろいで、よき春を迎えられますようお祈りいたしております。
まずは、とりいそぎお礼まで
          敬具
         12月○○日

<スポンサードリンク>