手紙の書き出し例文、季節の挨拶11月お礼状や案内状に役立つ

年末に近づくとイベントの案内や1年のご挨拶など、メッセージを書く機会も増えたりしますね。

手紙や案内状、お礼状を出すときには、書き出しに季節感のある言葉を入れるだけで、文章がぐんとセンスアップしますよ。

11月の季節の挨拶の例文を集めてみました。

<スポンサードリンク>

手紙の書き出し例文11月 ビジネス用

ビジネス用など改まった手紙では、
「拝啓」で始め、「敬具」で終わるのが一般的。

そして、「拝啓」の次に
「時候の挨拶」と「安否の挨拶」を書き、
本文へとつなげていきます。

・晩秋の候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。
・向寒の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
・深秋の候、皆様ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

時候の挨拶(○○の候)
暮秋、冷雨、初霜、菊花、菊薫る、季秋、深冷、爽秋、夜寒、向寒、氷雨、残菊、落葉、初冬、立冬

手紙の書き出し例文 ていねいな挨拶

お礼状など、あまり堅苦しくない程度に、
ていねいな書き方をしたい場合に使える例文です。
ビジネスの場でも使えます。

【11月上旬】
・秋もいよいよ深まり、夜長の頃となりましたが、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
・菊の香りただよう季節となりましたが、皆様お元気にお過ごしでしょうか?
・秋晴れの好天気が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
・暦の上では立冬※ですが、穏やかな秋日和が続いております。
・冷気一段と強まり、暮れゆく秋を感じるこの頃、皆様おかわりありませんでしょうか?
・木々の葉も見事に色づく季節となりました。
・鮮やかな紅葉に心もなごむ今日この頃、お元気にてお過ごしでしょうか?
※立冬=11月7日頃

【11月中旬】
・落ち葉が風に舞う頃となりましたが、皆様ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
・虫の音も日ごとに細るこの頃、いかがお過ごしでしょうか?
・時雨の降る季節となりましたが、お変わりございませんか?
・夜寒が身にしみる頃となりましたが、お元気でお過ごしでしょうか?
・初霜の知らせを耳にし、冬の到来を感じるこの頃、いかがお過ごしでしょうか?
・茶の葉が咲き始める季節となりましたが、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

【11月下旬】
・11月も終盤となり、そろそろ冬支度を始める時節となりました。
・日ごとに冷気加わり、冬の気配がいよいよ濃くなってまいりました。
・霜枯れの季節となりましたが、お変わりございませんか?
・枯れ葉舞い散る季節を迎えましたが、お元気でお過ごしでしょうか?
・日脚も短くなり、冬がもうそこまで近づいていることを感じます。
・朝夕の寒気が身にしみる時節となりましたが、お変わりなくお過ごしですか?

<スポンサードリンク>

手紙の結びの言葉11月

結びの言葉にも、季節を表す言葉を入れるとよりいいですね。

・寒さに向かう折、お風邪など召されませんようご自愛ください。
・澄みわたる青空とともに、幸多き日々を過ごされますようお祈りいたします。
・時雨の多い時節柄、どうぞおからだにお気をつけください。
・今年も残りわずかです。ますますのご活躍をお祈りしております。
・冷え込み厳しい折、くれぐれもおからだにはご留意なさってください。

お礼状の書き方、例文11月

お礼状は「前文」+「主文」+「末文」の構成で考えるとわかりやすいです。

(前文)
拝啓、菊の香りただよう霜月を迎えましたが、皆様におかれましてはお健やかにお過ごしのことと存じます。
おかげさまで私ども家族も大過なく暮らしております。

(主文)
さて、このたびはご丁寧にお祝いの品をお送りいただき、まことにありがとうごうざいました。
さっそく家族で賞味させていただき、あまりの美味しさに一同心から喜んでおります。
いつも何かとお心配りをいただき、大変感謝しております。

(末文)
これから寒さに向かいますゆえ、どうかお体を大切にお過ごしください。
ご家族皆様が幸多き日々を迎えられますようお祈りいたします。
まずは、とりいそぎお礼まで
          敬具
         11月○○日

<スポンサードリンク>